2×4工法とは

 

2×4工法(ツーバイフォー工法)とは、木造建築の工法で「木造枠組壁工法」の一つです。

家を建てる時に使われる角材(木材)のサイズが「2インチ×4インチ」である

為、ツーバイフォー工法と呼ばれています。

この工法はイギリスのフレーム工法に端を発し、それが西部開拓時代にアメリ

カに渡り、バルーン工法という名前で普及しました。

イギリス、アメリカ、日本と普及し、現在では欧米やカナダでは木造住宅の標

準的な工法となっており、日本でも木造軸組工法(在来工法)と並ぶ二大工法

の一つとして木造建築の世界を二分しています。