2×4工法のメリット

 

 日本全国、多様な自然条件、立地の下でも対応でき、四季のある日本の気候に適している工法です。

 

耐震性、耐風性が強い

床・壁・屋根が一体となったモノコック構造のツーバイフォー住宅は、地震の揺れを6面体の建物全体で受け止めて力を分散させます。耐震力が一部分に集中することがない為、倒壊・損傷がなく、地震や風など外部からの圧力に対して抜群の強さを発揮します。在来工法でも耐震性・耐風性を高めることはできますが、その分の設計・工事が必要となります。ツーバイフォー工法では、コストに対して高い耐震性・耐風性が期待できます。

 

高気密・高断熱・耐火性も高い

面で構成されている為、気密性・断熱性が高くなります。これは冷暖房効果だけでなく、耐火性にも影響します。ツーバイフォー住宅の多くは「省令準耐火建物」の建築基準を満たす為、火災保険の費用も抑えることができます。

 

早い工期

ツーバイフォー工法は高度にシステム化・マニュアル化されている為分業もしやすく、品質が均一でムラがありませんので、短い工期で家を建てることができます。